タンゴ・パッション・OKINAWA

タンゴの発祥地、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス。

今からおよそ120年前タンゴは生まれた。

新天地を築くため、スペイン、ドイツ、イタリア、キューバ、アフリカ...から多くの移民たちが

ブエノスアイレスの港町に流れてきた。

その移民たちがヨーロッパに並ぶ国をと、新天地を築いていく厳しい生活の中で

潤い、慰めを求め、歌や踊りで心のエネルギーを発した....それが「アルゼンチンタンゴ」。

移民たちによって生まれたアルゼンチンタンゴをここ沖縄でも伝えている

彼の名はリカルド島袋。「Tango Pasión okinawa」のホームページへようこそ.....。